投稿日:

ミドリムシの活用法

ミドリムシは今、完全栄養食品として大きな注目を集めています。ユーグレナという学名でも有名なミドリムシですが、その栄養素の高さは、理論上は水とごはんとミドリムシさえあれば人は生きていけると言えるほどのものです。ミドリムシはなんと59種類もの豊富な栄養素を持っています。そのため、この先食糧難や、生活の乱れによる健康問題に対して、ミドリムシが大きな効果を発揮するのではないかと期待されています。

しかし、ミドリムシの凄さは、健康食品としてだけではありません。東京大学をはじめとして、様々な研究機関でミドリムシの活用法が研究されています。ミドリムシは、植物と動物の性質を併せ持った微生物です。そのため、自ら運動しつつ、周りの二酸化炭素を取り込んで光合成をすることもできます。密閉された宇宙空間で酸素を供給するための手掛かりとして、NASAがミドリムシを研究しているほど、ミドリムシの秘めたるパワーは大きいのです。また、ミドリムシの光合成の性質を生かして、地球温暖化に役立てることができないかという研究も現在進められています。

ミドリムシの研究が進むにつれて、ミドリムシの活用法の可能性が次々と発見されています。このサイトでは、ミドリムシの持つ様々なパワーと、未来に役立つ活用法についてご紹介します。ミドリムシのことを知れば知るほど、これから先、ミドリムシがどれほど人間の体や地球の環境に有益な働きをもたらすか楽しみになること間違いなしです。