投稿日:

バイオ燃料に

もともとミドリムシが注目されたのはその栄養価の高さや、動物でありながら光合成をおこなえる性質からですが、近年ミドリムシの新しい活用法が発見されました。ミドリムシは、光合成をする際に葉緑素の働きを効率化させるため、自ら油分を作り出します。この油分が、燃料として活用できるのではないかと注目されています。

ミドリムシは、大豆やベニバナなど、他のバイオ燃料の材料に比べて光合成の効率が圧倒的に高いのが特徴です。しかも、ミドリムシは、培養している水中に大量の二酸化炭素を送り込めば送り込むほど光合成が活性化し、より多くのバイオ燃料の収益が見込めます。この点で、ミドリムシがバイオ燃料として優れた価値があるのではないかと、大いに期待されています。

二酸化炭素の供給が多いほどバイオ燃料の収益が期待できるということで、現在ミドリムシのバイオ燃料を他の化石燃料の代替えにできないかどうかの研究が広がっています。また、火力発電所などから出た二酸化炭素を利用してミドリムシのバイオ燃料を作ることで、エネルギーの効率化に繋げる研究もおこなわれています。地球の温暖化も防ぎ、エネルギー資源の枯渇問題にも大きく役立ちそうなミドリムシのバイオ燃料化は、いま非常に注目度の高い研究分野として進化し続けています。